悪性いぼは美容クリニックで早急に切除しよう!

いぼ細胞を壊死する

女性

液体窒素も保険が適用される

保険がきく治療方法に液体窒素があります。液体窒素も切除手術と同じく美容クリニックで、昔から行われている治療方法です。液体窒素の治療方法は、マイナス196度に冷却した窒素をいぼ部分に当てる事で、いぼを除去していきます。冷却された窒素をいぼ部分に当てる事で、皮膚が低温やけどを起こします。低温やけどが起こるといぼの細胞が壊死するのです。いぼの細胞が破壊されるといぼが取り除けるだけではなく、再発も抑えてくれます。昔から行われている治療方法だけあって、液体窒素は症例数が多く、美容だけではなく病気の治療にも使用されています。メスは使用しないので、肌を切る事はありません。ただし、切除手術と違い液体窒素は何度もいぼ部分に当てる事で、いぼを除去していくので完治するまで継続的に通院をする必要があります。1回の治療で完治できるのは難しいので、早めにいぼを除去したいのであれば切除手術かレーザー治療がおすすめです。また、液体窒素で治療をすると皮膚を低温やけど状態にするので、痛みが伴う事があります。人によっては液体窒素で治療をしたら、色素沈着が起こる事もありますので、肌に負担をかけたくない方は他の治療方法を選択した方が良いでしょう。液体窒素は、小さいいぼの除去には向いていません。いぼが小さいと窒素が当てにくく、凍結もしにくいので治療を続けてしまうと肌を痛めてしまいます。完治するまで時間はかかりますが、液体窒素の利点は保険が適用されるところです。クリニックによって料金設定は異なりますが、クリニックによっては複数のいぼを取っても料金が変わらないところもあります。ただし、いぼの数が多すぎたり、いぼの状態が悪化したりすると値段が高くなる事もありますので、注意して下さい。切除手術と同じく、液体窒素も多少の痛みを伴いますが、治療時間は短く、早くて5分ぐらいで終わる事もあります。何度も通院をする必要はありますが、内服薬や市販薬で治療するよりも確実にいぼを治療してくれます。マイナス196度の液体窒素を何度も当てるので、ウイルス性のいぼにも効果的です。