悪性いぼは美容クリニックで早急に切除しよう!

市販薬でいぼ治療

顔に触れる女性

市販薬でウイルスいぼは完治できない?

いぼ治療ができる薬は市販で購入する事もできます。いぼの市販薬は内服薬以外にも塗るタイプのもあれば、貼るタイプのものがあります。特に塗り薬は種類がたくさんあるので、どれが効果あるのか迷う方も多いでしょう。もし、塗り薬で治療をする場合はサルチル酸が含まれている薬を選ぶと良いでしょう。サルチル酸には、皮膚の角質を柔らかくしてくれる効果があるので、使い続ける事でいぼが取りやすくなります。ただし、サルチル酸はとっても強い成分なので、肌が弱い方が使用すると肌が荒れる恐れがありますので、敏感肌の方にはおすすめはできません。塗り薬と比べて種類は多くありませんが、貼るタイプの薬もあります。1日1回貼り直すだけなので、治療方法は簡単です。しかし、貼り薬には肌に刺激を与える薬を使っているものが多く、顔や首周辺のいぼの治療には不向きです。いぼを治す事ができても、周辺の肌が荒れる事もあります。市販薬はどこでも簡単に購入する事ができますし、クリニックで切除するよりは料金も手頃です。しかし、注書きをよく読んで使用しないと思わぬ肌トラブルが起こる事もあります。どうしても市販薬で治療したい場合は、顔や首に使用できるか確認をした方が良いでしょう。また、市販薬に限らず薬だけで治療をする場合、効果が出るまである長期間使用をしないといけません。薬だけでいぼが完治できれば良いのですが、それでもいぼに変化がない場合は薬が合っていない可能性があります。特にウイルス性のいぼは、病院から処方された薬ならともかく、市販薬では完治できない事が多いです。市販薬を使用して、肌が荒れてしまうと皮膚の免疫力も低下してしまうので、ウイルスが付着しやすくなって、いぼが悪化する事もあります。いぼの状態が悪くなると切除するのに時間がかかりますので、薬を使用して、いぼが良くならなかったら美容クリニックへ行って、医師に診てもらった方が良いでしょう。市販薬も即効性はあまり期待できませんので、早めに除去したいのであればクリニックで切除をしてもらった方が良いでしょう。ウイルス性いぼは一度できてしまうと周囲に感染して、被害が大きくなってしまうので、悪化する前に早めに切除をしておくと被害が大きくなるのを防いでくれます。