悪性いぼは美容クリニックで早急に切除しよう!

ウイルス性のいぼを防ぐ

顔に触れる女性

厄介な悪性いぼを予防する方法

クリニックで切除手術をするとウイルスもしっかり取り除いてくれるので、再発をする心配はありません。しかし、いぼを切除しても肌環境を常に整えていないと、またいぼができることもあります。特にウイルス性いぼは、もう再発したくないですよね。日頃から肌を清潔にして、肌に良い生活を送る事だけでいぼは予防できますよ。ウイルス性のいぼの場合ですと、ウイルスを付着させない事が大事です。免疫力が低下しないようにバランスの良い食事をするようにしましょう。外側をケアをする事のも良いですが、体の内側もケアする事で様々な肌トラブルを防ぐ事もできますよ。肌に良い栄養素はビタミンCです。ビタミンCには肌の老化を促進させる活性酸素を取り除いてくれる効果があります。肌が老化してしまった場合もいぼができやすくなるので、加齢によるいぼもできないように野菜や果物を多めに摂るようにしましょう。ビタミンC以外にも亜鉛やマグネシウムは肌の新陳代謝を高めてくれるので、併せて摂っておくと肌の良い状態をキープできますよ。ウイルスが付着しないように洗顔にも気をつけないといけません。化粧を落とす時は、メイク落としを使うようにしましょう。肌に必要な皮脂まで、落とさないように冷たい水で洗顔をして下さい。肌に負担を与えないように肌の休息日も必要になりますので、メイクをしない日を決めておくと良いでしょう。洗顔をする時は強く擦らないようにして下さい。顔をごしごし洗ってしまうと肌が傷つきやすくなり、傷ついた箇所からウイルスが侵入してしまいます。顔を拭く時は綺麗なタオルを使うようにして、肌を清潔に保ちましょう。もし、顔や体に傷がついたらウイルスの侵入を防ぐ為にすぐに消毒液で手当をして下さい。ニキビを潰したり、カミソリなどで肌を傷つけたりした場合もウイルスは侵入してきますので、できるだけ傷を作らないようにしましょう。ウイルスに限らず他のいぼの場合でも、再発しない為にはバランスの良い食事を心がけ、肌を清潔にし、保湿する事です。いぼがまたできてしまうと再度、病院でいぼの切除をしないといけないので、治療費がかかってしまいます。麻酔を使用したら痛みを抑える事ができますが、何度も切除をすると肌にも負担がかかってしまうので、いぼを切除をしたらアフターケアは必ずやるようにしましょう。